引用:ルクルーゼレシピサイト

ルクルーゼの鍋などを使用してとても良かったので、少々高価ですがフライパンを購入。適度な重さが安定していて鍋同様に使いやすいフライパンです。

 

もともとフライパンを持ち上げたり振ったりして料理をすることがなかったので、置いたまましっかり安定してくれているのは自分にとってぴったり。

熱伝導がよく、チャーハンなどの中華も以前使用していたテフロンフライパンよりパラっと美味しくできるようになりました。あんかけや麻婆豆腐など汁気の多いものもディープ・フライパンならきちんと受け止めてくれます。

 

そしてなにより食卓にそのまま出しても美しいのがありがたいです。

 

我が家はメインは大皿で取り分けて食べるのですが、このフライパンのまま出しています。ここでもフライパンの重さによる安定感が役立ち、ちょっと暗い引っ掛けてもびくともしません。

 

ほとんどこのフライパンを食卓に持っていくので、結果的に洗い物も減っています。また、専用の蓋も一緒に購入しました。

 

蒸気が抜けないガラス蓋なので、蒸し焼きもふっくらうまくできます。ガラス蓋は臭いがつかずお手入れしやすいのも気に入っています。

持ち手と反対側についている取っ手は洗い物をする時にちょっとじゃま

取っ手があるフライパンを使ったことがなかったので、初めのうちは何度もシンクにぶつけてしまいました。コンロでも、奥のコンロで調理しているものに当たらないように配慮が必要になります。

 

料理を運ぶ時には便利なのですが、やはり時折ちょっと邪魔だなと感じることがあるのは否めません。使い続けているうちに慣れてきますね!

持ち上げたり、ふったりせずに料理をする方にはおすすめ

木べらや菜箸で炒めるだけでちゃんと全体的に火を通すことができます。2〜3人の調理にぴったりです。

 

副菜もメインも全部これひとつで作ることができます。週末に副菜のストックを作ったりする方は重宝すると思います。

 

いちいち洗剤をつけて洗う必要がない用計画を立てて調理すると、野菜を湯がくところから始まって、水で流したりキッチンペーパーで拭き取ったりしながらこのフライパン1つでどんどん料理を作ることができます。

 

汚れがつきにくいからできることかもしれません。数千円のフライパンにはない良さを感じることができますので、毎日の調理を楽にしたい方にはぜひおすすめしたいです。